ページトップへ

水菜・小松菜・ほうれん草料理研究会開催!

by 鉾田農業高等学校2018.03.01
平成30年2月27日(火)、鉾田農業高校を会場として、水菜・小松菜・ほうれん草の料理研究会を行いました。この研究会は、ほこた農業協同組合園芸部会と鉾田農業高校の共同企画で、地元で葉物野菜をもっと食べてほしいという想いから、本校の食品技術科3年生6名がレシピを考え、加工・調理したものを試食する会です。

今回考えたメニューは、次の3点です。  

「水菜のサラダピザ」 一見すると、普通の水菜サラダが乗っているだけの様に見えますが、加熱したオリーブオイルやニンニク、アンチョビなどを加える事で、絶妙な風味を出すことに成功しました。使用したトマトは本校の農場で収穫したもので、甘みが強く、水菜と良く合いました。参加者の方からも、好評をいただきました。

  「ほうれん草食パン」 ほうれん草が苦手な方にも食べてもらいたいと考え、米粉を使用したパンにほうれん草を混ぜる事にしました。強力粉・米粉・ほうれん草の配合割合が難しく、何度も試作して最も美味しいと思える割合を考えました。そして、ほうれん草と相性が良いチーズや、本校産のドライトマトを使用し、味・食感ともに満足のいくものが出来ました。

「小松菜のシフォンケーキ」 小松菜を使用した、見た目にも鮮やかなシフォンケーキを考えました。小松菜は独特の風味があるので、味のバランスを考えるのに何度も試作しました。そして、茹でた小松菜をペーストとして使用する事で、舌触りがなめらかでやわらかく、ほのかな渋みとシフォンケーキの甘みが調和した、美味しいものに仕上がりました。   3品とも、みなさんに好評をいただくことができました。


  最後に、園芸部会長の内田様から、感謝状と記念品、講評をいただきました。今後とも、地域と連携した取り組みを続け、私たちの学んでいることを少しでも地域の皆さんのお役に立てたいと思います。