ページトップへ

鉾田の魅力を伝えよう!

by 鉾田市 産業経済課2018.03.22

中学生のいちごスイーツ案が実現!

市立旭中学校の1年生は、1学期から「総合的な学習の時間」で、農家、JA、加工業者、菓子店などを訪れ、調べ学習などを行いながら、地域の魅力を学んで鉾田を盛り上げる企画書づくりを実施してきました。
また、市産業経済課主催の「食育講演会」では、鉾田の農業や魅力を学んだ後、班ごとに作った企画案について講師よりアドバイスをいただきました。その中で、講師の評価が高かったいちごを使った商品開発の班の企画を実現することに。

水戸市の有名フランス料理店「オー・ボン・ヴィヴェール」の佐藤正信シェフのご協力で企画案が実現することになり、商品を企画した班の生徒たちは、3月13日、お店に招待されました。

まず生徒たちは今まで学習してきたことや企画案などを発表し、佐藤シェフからは企画した商品の講評やアイディアをいただきました。


続いて、シェフによるスイーツ作りの実演。あんこクリームの上に、鉾田のいちごを乗せた「特製いちごもなか」。
シェフの技により、特製スイーツが出来上がっていきます。
「すごいな~。」 生徒たちは興味深々。


完成後は、お待ちかねの試食!!
特製スイーツのほかにも、テーブルには、シェフの粋な計らいで、いちごを使ったスイーツが。まさに ” いちごづくし ”

「おいしい~!!」 想像以上のおいしさ♡
生徒たちは ”もなかは和風のイメージだが洋風にしてみたかった。シェフのおかげですごくおいしい商品になった” や”自分たちの考えたものを形にしてもらえてうれしかった” など喜びの声が聞かれました。
また、シェフから鉾田のいちごをお店で使用していることを聞いた生徒たちは、”ほこたのいちごが高級店で使われていることを知ってうれしくなった”など、目を輝かせていました。