ページトップへ

くだものや野菜を食べよう~今年は国際果実野菜年2021~

by 鉾田市 農業振興課2021.08.28

鉾田市は 国際果実野菜年2021 のオフィシャルサポーター です


2021年は、国連が定めた「国際果実野菜年」。果物や野菜を毎日の生活に取り入れることの重要性を、みなさんに知ってもらうことを目指しています。

ところで、一日に必要とされる野菜量がどれくらいか、知っていますか?成人一人当たり350gは必要と言われています。350gと聞いてもピンとこない方がほとんどと思いますが、生野菜だと両手に3杯分、温野菜だと片手に3杯分が目安といいます。なかなか大変な量ですね。実際の摂取量も男性295g、女性が281gと目標値に達していないのが現状だそうです。

 
野菜の一大産地である鉾田市としては、もっと美味しい野菜や果実を、たくさん食べていただきたい!野菜や果実の「すばらしさ」をお伝えしたい!と思っています。

今は鉾田のトマトが美味しい時期です。トマトは抗酸化作用に優れた「リコピン」が豊富で、うまみ成分のグルタミン酸も含まれているため、サラダにはもちろん、パスタに利用したり、炒め物にも相性が良く、食卓にはぜひ登場させたい野菜のひとつです。

また、アールスメロンもまさに今が旬。新型コロナ感染症対策でなかなか外出が難しいところですが、ネットや電話でのご注文で全国配送が可能な店舗については、こちら(Smile Melon Peoject 特設ページ)からご確認ください。贈り物としてのメロンだけではなく、ご自宅で楽しめる食べ方のレシピは、こちら(クックパッド 鉾田市公式キッチン)で紹介しています。

健康のために、笑顔のために、鉾田市では美味しく野菜や果実を食べる情報をお伝えしていきます。